HOME> CATEGORY - PCV-GRT55F/B

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログパーツ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

PCG-GRT55F/BをCPUFSBでクロックアップする方法。


CPUFSB 画像



SONY VAIO PCG-GRT55F/Bのクロックアップしますソフトで。

以前もやったんですが一応記録として残すために書いておきます。

PCG-GRT55F/BのCPUはMobile Celeron 2.4GHz。
CPUの型番は952011です。

このICS952011の情報が設定されているCPUFSBを使ってクロックアップをします。



CPUFSBをダウンロード→インスト→再起動で準備完了。

シェアウェアなんで起動時に代金の支払$17.95の文字が・・・
でも無視してOK(WinRARの警告みたいなもんです)


設定画面が現れるのでPLL typeでICS950211に設定。

次に中央部分にあるFine tuningというボタンを押します。
するとuser frequency ‘fine 2'in CPUCoolの画面が出現。

+60 -60 +10 -10でMHzの調整ができます。

Frequency画面を見つつクロックの変更。
Freq setを押して完了です。

途中警告画面が出ますがOKを押してください。


CPUが耐えられないと最悪ぶっ壊れます(笑)
僕は2800Hzあたりまであげました。
若干処理能力が上がったかなーって感じの印象です。


ところでPCV-J12はPL-370Tを使用しているのでジャンパ設定によるオーバークロックは出来ると思うんですが
TualatinのCeleron1.4GHzのPLLの型番が??で。
今度調べてJ12もCPUFSBでクロックアップやってみようかな~って思ってます。
ちゅーか新しいパソコン買おうかな(笑)

オーバークロックにはある程度のリスクはつきものです。
オーバークロックを試す場合は覚悟の上で自己責任にて実行してください。


ブログパーツ
スポンサーサイト

2007年03月22日 PCV-GRT55F/B トラックバック:0 コメント:0

PCG-GRT55F/Bを分解 CPUを剥き出しに。


GRT55F/B 分解


PCG-GRTの解体方法はこちら


PCG-GRT55F/Bを久々に分解清掃してみました。。。恐ろしく汚い(笑)
Mobile Celeron 2.4GHzが剥き出しですね。
分解してみたらCPUの交換はそんなに難しくなさそうです。
でも交換できるCPUはMobile Pentium4-Mで最大は2.4?2.5GHz??
うむ・・・交換してもあまりスペックアップの恩恵は受けそうもないなぁ。


その後。

PCG-GRT55F/Bで交換可能なCPUは最高で2.6GHzみたいです、
FSB400MHzのMobile Pentium4-Mは。
しかしオークション等ではこのMobile Pentium4-M 2.6GHz
ほとんど見かけません。
しかもモバイルとは言ってもSpeedStep機能が付くくらいで
他はデスク向けのPentium4と変わらない・・・熱いでしょうなあ(笑)

と言うことで手軽なCPUFSBでクロックアップもしてみましたが・・・
あんまり変わらないなあ~。
何となくですがイジラナイ方が賢明な気がしました(笑)




ブログパーツ

続きを読む

2006年04月29日 PCV-GRT55F/B トラックバック:0 コメント:0

WinFixer2005の恐怖。


WinFixer



先々週、メインで使ってるPCG-GRT55F/Bの調子が悪くなり
いろいろと原因追及をしておりまいした(しかしよく壊すな、俺)
とにかくムチャクチャ動作が鈍い、遅い。
なぜだ?メモリーのエラーか?
電源スイッチ付近からジリジリと異音もするし・・・
これはもしかしてもしかするとHDDがまたおかしくなったのか?
毎度のこと動揺しつつ訳もわからずメモリーを抜いたり指したり、
HDDlifeってソフトでHDDのパフォーマンスを計ったりといろいろ試すも・・・??
一通りハード的な故障を探るもどうも違うみたいで。
では何が原因なのか??
とにかくいろいろとネットで調べて。
でもよくわからず1週間が経過。
その間さらに状態は悪くなり最後はもう頻繁にフリーズですよ。
やばいなこれは・・・とさらに頑張って検索しフッと気づく・・・
あっ!もしかしたら!!
スパイウエア・WinFixer2005(←解決方法はこちらをクリック)に感染してる??って。
そういえば最近WinFixer2005購入の誘導ポップが
やたら表示されるな~て。
はやく気付よ、俺(笑)

それでSpybotで調べたら・・・やっぱりいましたWinFixer2005(笑)
でもNorton Internet Securityはいつも起動してるし・・・
いつ感染したのか?
そんでまーSpybotで駆除しようとしたら不可で。
えええええ???って。
Norton AntiVirusでも駆除ができなくて・・・なぜ?
そんで調べてみましたらWinFixer2005に感染したら
セーフモードで駆除しないと駄目らしい。
けど僕の場合はもう末期なのか?!
SpybotもNortonもセーフモードで起動、削除できない様子・・・。
なぜだ???
調べるとこんな記事を発見。



・・・ウィルスと同じく他のスパイウェアを呼び込んで、起動もできなくなってしまったようでした。ウィルス駆除に伺うとたいがい1つだけのウィルスということはなく、入り込んだウィルスが他のウィルスを呼び込み、多機能障害(?)になっています。今回の場合WinFixer2005が先なのか、それとも他のスパイウェアが先なのかは分かりませんが、それと同じ状況になってしまったようです。
恐るべしです…、ここまでとは。お客様にはリカバリーをお勧めしました・・・


それでもGoogleで検索してなんか有効な駆除方法があるだろうと
必死で探すもなかなかヒットしなくって。
え~~いもうめんどくせいっ!て感じで・・・結局リカバリーしました(笑)
必要なテキスト、メール、Outlook内の連絡先等のデータ
(C:\Documents and Settings\ユーザー名\LocalSettings\Application Data\Microsoft\Outlook のフォルダを丸ごと保存でOK!)
プラウザのお気に入りなどなどを外付けHDDに保存してリカバリーしました。
そんでいつものごとくダラダラと15時間ほどかけて各ソフトをインストして(笑)
もうこの作業はこりごりなんでこの機会に!
っとHD革命で全データーのバックアップもしました。
次回もしリカバリーするようなことがあったらHD革命で復元するだけです(笑)

しかし強烈な動作不良を起こしますよ~WinFixer2005は。




同じFC2のブログ アダルトサイトの落とし穴 を参考にさせていただきました感謝♪
ブログパーツ

2006年01月21日 PCV-GRT55F/B トラックバック:0 コメント:6

ノートパソコン SONY VAIO PCG-GRT55F/Bを分解清掃2


VAIO PCG-GRT55F/Bの分解清掃です。
まず注意事項として自分で分解するとソニーでの正規の保証が受けられなくなりますので自己責任で分解してください。

PCG-GRT


用意する物は僕は精密ドライバーの+を1本。
あとはずしたネジをなくさないように入れる容器。
ピンセットがあれば申し分ないんでしょうが
僕はコネクターを緩めるのにラジオペンチを使用しました。

・まず赤い囲みの部分のlink端子上の黒い小さなネジ1個を外します。
・電源ボタンやスピーカーが付いている部分を左にスライドさせると図の用にはずれます。
・白いケーブルが3本つながっているので慎重に電源ボタンやスピーカーが付いている部分を裏返しし、マザーボード側の方のケーブルを真上に真っ直ぐに引き抜きます。


PCG-GRT



・赤い囲みの部分の金色のネジ1個を外す。
・下にスライドさせるとキーボードが移動できます。
・透けた緑色のケーブルがキーボード裏にあるので、マザーボード側のコネクタの両端をピンセットかラジペンでつまんで真上に引き上げてケーブルを抜く。この場合白いコネクターを2ミリほど引き上げてケーブルを抜いてください、慎重に。※どうしてもケーブルを外すのが怖い場合は若干邪魔にはなりますがパームレストの上にキーボードを置き図9に移動してください。


PCG-GRT



10・赤い囲みの部分、右上のファンを半分ふさぐ感じで付いているアルミプレートが有るので、それを固定している金色のネジ2個と黒くて長いネジ1個をはずして、プレートをはずす。
11・赤い囲みの部分、ファン金色のネジ3個を外し、ファンをはずす。
12・ヒートシンクのあたりにゴミが・・・1ヶ月前に清掃したのに(笑)エアーダスターや綿棒で丁寧に清掃して後は逆の順序で組み立てて
おしまいです。

気のせいかさらに一段と静かになったような(笑)
今度はこの辺までばらしてみたいなあ~また調子が悪くなったらだけど。


ヤフーオークションで安いパソコンパーツを探す♪


ブログパーツ

続きを読む

2005年09月15日 PCV-GRT55F/B トラックバック:0 コメント:21


VAIO&iMacの~ド素人格闘PCライフ
次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。